ムーンプリンセスフリースピン

<ウェブサイト名>

<現在の時刻>

出典: 標準

学園の理念 学園データ 学園広報誌 お問い合わせ 大手前大学 大手前大学通信教育部 大手前短期大学 ⼤⼿前栄養学院専⾨学校(2022年3月閉校) 理念 学園データ 広報誌 学園ニュース ホーム 学園ニュース 【大手前カレー研究会】レトルトカレー第二弾を開発、産学連携で子育て応援 2024年度のお知らせ 2023年度のお知らせ 2022年度のお知らせ 2021年度のお知らせ 2020年度のお知らせ 2019年度のお知らせ 2018年度のお知らせ 2017年度のお知らせ 【大手前カレー研究会】レトルトカレー第二弾を開発、産学連携で子育て応援 2019/01/08 大手前大学健康栄養学部の学生で構成する「大手前大学カレー研究会」は、昨年に引き続きレトルトカレーを開発しました。今年は地域貢献活動「子育て応援プロジェクト」として西宮商工会議所の加盟企業に協賛を募り、地元西宮市の留守家庭児童育成センターを利用している児童らにレトルトカレーを無償で配布しました。 「カレー研究会」では、学生が「日本一おいしくて健康的なカレー」を研究しています。昨年は、日本で初めてカレー粉の製造を手掛けた食品メーカー「ハチ食品株式会社」(大阪市)とレトルトカレーを共同開発しました。今年、開発したのは「豆乳チキンカレー」。たんぱく質など、体に必要な栄養素を含む豆乳や鶏肉を使用し、小麦粉と油を使わず、タマネギ、ニンジン、トマト、ブロッコリー、リンゴを加え、甘みや酸味のバランスが整った、子どもから大人まで美味しく食べられる辛味を抑えたカレーです。レトルトカレーで重要なパッケージについては、制作をメディア・芸術学部の学生が担当しました。 12月27日には、カレー研究会の学生4人が西宮市立香櫨園・浜脇・用海留守家庭児童育成センターの3施設を訪れ、施設を利用している児童約400人にレトルトカレーを配布いたしました。大手前大学と西宮商工会議所は2017年7月に「包括連携に関する協定」を結んでおり、プロジェクトに賛同いただいた同商議所の加盟企業17社から協賛があり、児童に無償でレトルトカレーを配布いたしました。 なお、プロジェクトに賛同いただいた企業は以下のとおりです。賛同いただいた企業の皆様、ありがとうございました。 株式会社新井組、ケーキハウス ツマガリ、第一建設機工株式会社、 大喜建設株式会社、辰馬本家酒造株式会社、阪神米穀株式会社、株式会社双葉化学商会、古野電気株式会社、株式会社松田組、株式会社三井住友銀行、株式会社ヤマサ環境エンジニアリング、大阪ガス株式会社、関西電力株式会社、大和証券株式会社 ※順不同 大手前カレー研究会特設サイト 最新情報一覧へ戻る 学園の理念 理事長挨拶 建学の精神・目的 学園データ 学校紹介 大手前学園の沿革 大手前学園の組織 情報公開 寄付について ASEAN留学生学修サポート募金 奨学寄付金 古本募金 遺贈 学園広報誌 お問い合わせ 採用情報 サイトポリシー プライバシーポリシー 学校法人 大手前学園 大手前大学 大手前大学通信教育部 大手前短期大学 大手前栄養学院専門学校(2022年3月閉校) COPYRIGHT © OTEMAE EDUCATIONAL CORPORATION All Rights Reserved.

プレイオジョ(PlayOJO)を徹底解説!限定ボーナスのもらい方 outlineダーツ ステークカジノの金庫とは?役割と使用方法を分かりやすく解説! stake(英語)の日本語訳
Copyright ©ムーンプリンセスフリースピン The Paper All rights reserved.